プロの技で住み着きゼロを目指すネズミ駆除

subpage01

ネズミ駆除で重要になるのは、ラットサインを見逃さずに罠を仕掛けることです。


一般的に同じルートを通ってエサを漁りに行くことが多く、壁には汚れが付着しやすく通り道だと判断ができます。



まだ住み着き始めたばかりだとラットサインも乏しいですが、専門業者はカメラを設置して通り道を確定させることがあります。

livedoorニュースについての意見を伺いました。

ネズミ駆除を依頼すると、現地調査が行われます。
このときラットサインを探すことから行われ、見つからない場合には良く通りそうな場所を経験から割り出しカメラを設置、本当に住み着いているか確認が行われます。
その後ネズミ駆除方法を検討して、見積もりの作成が行われます。

業者によって、得意としている方法に違いがあります。
罠を仕掛けることが一般的ですが、捕獲せずに家から追い出すため超音波発生装置を独自開発しているところもあります。



毒エサや粘着シート、罠の設置が頭数を確実に減らすためにも有効的ですが、殺処分に抵抗がある人は、忌避剤による追い出しを依頼するのも良いでしょう。


天井裏や床下などに巣を作っていた場合は、消毒を行いウイルスや菌、ノミやダニを残さないようにできますから、オプションである場合には依頼を行った方が良いです。クリーニングも実施している業者だと、糞や尿で汚れた部分をさっぱりとしてもらえるため、衛生的な環境にできます。


自分でクリアにすることもできますが、下手に湿気などが残ると今度はカビが生えてきたりするので、プロに任せたほうが楽です。