粘着型の罠が効かないネズミ駆除をする長所と短所とは

subpage01

粘着型の罠が効かないネズミ駆除をすると、家族が大喜びする、ペットが落ち着く、農作物の被害を受けなくなるなどの長所があります。



粘着型の罠は一般にも簡単に手に入る罠なことから、その罠にかからないネズミが入る話を聞くと驚くのが普通です。そのため、上手くネズミ駆除ができたと家族に教えると、拍手をしながら喜んでくれます。

産経ニュースの最新情報ならこちらを参考にしてください。

また、鶏や兎を飼っていた時は、ネズミが周囲で活動していると恐怖を感じてしまいます。



特に鶏は気が弱い生き物なため、卵を産まなくなる恐れがあります。
ですが、無事にネズミ駆除ができると、兎は普段通り動くようになり、鶏は再び元気に卵を産んでくれます。

あと、畑で出没していた時は、キャベツやほうれん草に多大な被害が出ることが多いです。
ネズミが罠にかかり被害が出なくなると、傷が見当たらない野菜を収穫して調理し、食べることが可能になります。短所は駆除をするには特殊な罠が必要、捕獲できたネズミの処分に困るなどです。

大きいネズミなため、ホームセンターで売られているカゴのような罠が必要です。


設置しただけでは駆除ができないので、中に必ずチーズや肉片などの餌を入れて誘き寄せます。

数日放置する必要がありますが、上手く罠に入ると暴れるような音がしてくるので、判断材料に効果的です。あと、ネズミは見た目が可愛らしい生き物なので、捕獲できても処分ができないというのはよくある話です。

農家にお願いして処分して頂くか、人が誰も住んでいない山中に放すといいです。